京田辺について

男女

京田辺市とは京都府南部にある市で大阪府や奈良県近くに位置しており、八幡市や城陽市、大阪府枚方市や奈良県生駒市などと接しています。東側の木津川と西側の生駒山系に挟まれており、JR西日本片町線と近畿日本鉄道京都線が中心部を通ります。かつては綴喜郡田辺町と呼ばれていましたが、同志社大学の移転で人口が増えて市制移行し、京田辺市となりました。マンションなどの不動産の建設に力を入れているだけでなく近畿日本鉄道京都線やJR片町線が走っており、京都市内へは約25分、大阪市内へ45分ほど、奈良市内へは約20分くらいとアクセス良好なため大阪市や京都市のベッドタウンとして発展し続けています。全国有数の玉露の産地で、品評会などで玉露部門一等一席を数多く獲得し高評価を得ていることでも有名です。

物件の特徴

住宅模型

京田辺市の不動産で多く取り扱われているのが賃貸マンションです。築20年や30年のものが多く、部屋数はワンルームや1K、2LDKの部屋が多いのも特徴となっています。家賃は一番安いところだと1万5千円と非常に安く、部屋数もワンルームと少なく築年数が30年以上になり、即日で入居可能なところも多いです。逆に一番高いところでは家賃が15万5千円と高く、部屋数も4LDKと多くなっています。築年数も比較的新しく、設備もIHや床暖房などの新しい機能が付いています。一戸建ての中古物件もありますが、賃貸マンションよりも戸数が少ないです。しかし、賃貸マンションよりも部屋数が多くて部屋やキッチン面積が広いだけでなく、住居の面積も広いです。新築物件以外は値段はそれほど高くないです。また、中には駅へ徒歩10分などアクセス良好な物件や、元々農家用の住宅だった物件もあります。

選び方のポイント

住宅模

京田辺市の不動産会社で選ぶ時のポイントは会社の取扱物件数が多いか、要望を聞いてくれるか、専任の宅地建物取引士が在籍しているかの3つです。特定のエリアに強い不動産会社があります。そのような会社はインターネットでも物件を多数取り扱っている場合が多く、希望の物件を見つけられる確率が高くなります。不動産会社はヒアリング力の有無が大事で、自分の要望や事情を聞いて理解してくれるだけでなく自分が気づかないニーズも引き出す会社は優良です。物件の短所やできないことも、伝えてくれるとより良い会社と言えます。不動産業者は専任の宅地建物取引士を雇い、その氏名を国土交通省に登録することを義務付けられています。宅地建物取引士の資格者の名前が、社員や社長と同じならば信頼できる会社でしょう。